紫外線対策

ご存知ない方はいないと思いますが、紫外線は日焼けを起こします。
日焼けというのはそもそも皮膚の炎症なので、
アレルギー性皮膚炎の症状を悪化させてしまいます。
ですので!
外出する時などは出来るだけしっかりと日焼け止めクリームなどを使用しましょう。
そういったクリーム等で湿疹が悪化してしまうようでしたら、
医師に相談し自分に合ったものを見つけて下さい。

スポンサードリンク


また、紫外線対策はクリームを塗るだけではありません。
他にも沢山の対策方法がありますので出来るだけ実践して下さいね。

●肌の露出を控える
基本中の基本であり、アレルギー性皮膚炎の方だけでなく実践している方が多いですね。
衣服でも紫外線はカットする事が出来ます。
それがUV仕様のものだったら尚更良いです。
薄手のシャツを一枚羽織るだけでも違いますよ。

それから帽子を被るのも効果的です。
今はUV仕様のものでもオシャレな帽子が沢山あります。

●日傘を使用する
衣服だけでなく日傘も活用すると更に良いでしょう。
開閉が楽に出来るものだったり、晴れ雨兼用のものだったり、
とても種類豊富に沢山あるのでお気に入りのものを見つけて下さい。

●日焼け止めを使用する
そして最後に、先程も述べました日焼け止めの使用です。
女性の方は知っている人も多いかもしれませんが日焼け止めには、
SPF値とPAというものが書かれている事が多いです。

SPF...日焼けの原因となるUVBの遮断率をあらわしています。
(例・SPF30と書かれている場合は、何も塗っていない状態と比較して、紫外線が1/30という事)

PA...UVAをどれくらい遮断するかという効果をあらわしています。
+...効果あり。
++...かなり効果あり。
+++...非常に効果あり。
この3段階で表記されています。

日焼け止めを選ぶ際にはSPFやPAの表記チェックを忘れずにして下さいね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

汗の対策
アレルギー性皮膚炎には湿疹や痒みといった症状があります。 その症状を引き起こす原......
石鹸の選び方
石鹸選びはアレルギー性皮膚炎の症状を左右するとても重要な要素です。 カラダを洗っ......
ソンバーユでスキンケア
アレルギー体質の方、アレルギー性皮膚炎で悩んでいるという方はスキンケアにも気を遣......
完全植物性のボディケアブランド
2012年、日本に上陸したばかりのHERBAN(ハーバン)は、 ビーガン(完全植......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

携帯版のQRコード

アレルギーに関するお役立ち総合サイト アレルギー大辞典:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://allergyweb.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。