汗の対策

アレルギー性皮膚炎には湿疹や痒みといった症状があります。
その症状を引き起こす原因としてはさまざまなものがありますが、
汗をかく事、乾燥肌、皮膚にいる細菌などが挙げられます。
こういった原因に上手に対処して、
湿疹や痒みを起こさないようにする事も治療の中では大切なポイントのひとつです。
ここではそういったスキンケアに関する事をお話していきたいと思います。

スポンサードリンク


●汗をかいてしまった時
年々暑くなる日本の夏。
なるべく涼をとるようには皆さんしていると思いますが、
それでもやっぱり汗を100%防ぐ事は出来ませんよね。
アレルギー性皮膚炎の人が汗をかくと、
汗の中にある栄養分で細菌が繁殖してしまい、炎症を起こしやすくなってしまいます。

では、汗をかいたらどうすればいいのか?
対処方法には以下のものがあります。

・毎日しっかりとお風呂に入るかシャワーをあびる
・石鹸を使用してカラダを洗う
(ただし洗いすぎは皮膚の水分まで奪ってしまうので注意)
・入浴が終わったら市販のものや医療機関のスキンケア用品で保湿をしっかりとする

こうした事に気を使う事で、症状悪化を多少でも予防する事が出来るのです。
しかし例えば外出先などでは、汗をかいてもすぐにシャワーを浴びる事ができないですよね。
そういった時にはこまめに汗を拭くように心掛けましょう。
またその時に使うハンカチやタオルは綿のものが良いです。

シャワーを浴びれる状況の時は、本当にサッとでいいです。
サッと流すだけでも細菌は流れ落ちていきます。
先程も書きましたが洗いすぎは皮膚の水分を奪いますので注意して下さいね。

そしてその後の保湿はお肌に合ったものを使用しましょう。
何か異常を感じたらすぐに主治医に相談する事も忘れずに。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

紫外線対策
ご存知ない方はいないと思いますが、紫外線は日焼けを起こします。 日焼けというのは......
石鹸の選び方
石鹸選びはアレルギー性皮膚炎の症状を左右するとても重要な要素です。 カラダを洗っ......
ソンバーユでスキンケア
アレルギー体質の方、アレルギー性皮膚炎で悩んでいるという方はスキンケアにも気を遣......
完全植物性のボディケアブランド
2012年、日本に上陸したばかりのHERBAN(ハーバン)は、 ビーガン(完全植......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

携帯版のQRコード

アレルギーに関するお役立ち総合サイト アレルギー大辞典:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://allergyweb.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。