1.良い食品、悪い食品

アレルギー症状の中にはにかかわる症状があり、
それをアナフィラキシー・ショックと呼んでいます。
食品アレルギーではこの症状が出てしまうケースもあるので本当に注意が必要です。
アナフィラキシー・ショックは、特定の食品を食べた事により、
血圧が急激に低下し、呼吸困難痺れなどを引き起こしてしまうものです。
そしてそのままに至ってしまう事もあります。

スポンサードリンク


そこまで重症化する事はなくても、
アレルゲンとなる食品を食べ続ける事によって、
アレルギー性皮膚炎喘息等の症状が出てくる事もあります。

ここでそういった症状を引き起こしやすい代表的な食品をご紹介します。

sobamugitamago.jpg
●蕎麦 ●小麦 ●卵 ●海老 ●蟹 ●大豆
●鶏肉 ●豚肉 ●牡蠣

などなど。

上記はほんの一部でこの他にもさまざまな食品があります。
人それぞれ反応してしまう食品は異なりますので、
しっかりとアレルゲンを特定する為には、
きちんとした病院で検査を受けるようにしましょう。

また、上に挙げたような食材そのものではなくても、
食材に含まれた脂肪自体が症状を引き起こしてしまう可能性もあります。
お肉に含まれる脂肪酸の中には、アラキドン酸というものがあるのですが、
これがアレルギーを引き起こす原因になる事もあるのです。
揚げ物等が多い食生活を続けていると、
知らず知らずの内にこのアレルゲンは身体に蓄積されてしまいます。

さて、ここまではアレルギー症状を引き起こしやすい食品に関してお話ししましたが、
反対に症状を和らげる効果のある食品もあります。
イワシマグロ等に含まれるエイコサペタエン酸(EPA)は、
改善効果があると言われています。
先程お話したアラキドン酸と、このEPAが血液中に1対1の割合だと非常に良く、
改善の効果が期待出来るようです。

その他にはr-リノレン酸、ビタミン、DHAなど。これは皮膚炎に良いとされています。
食材の脂質や成分等の事も詳しく知る事が大切なのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

2.アレルゲン無しのスイーツ
アトピー体質やアレルギー症状が出やすい体質の人にとって、 3大アレルゲンでもある......
3.アレルゲン無しのフライ
3大アレルゲンである、卵、小麦、牛乳を使用せずに 揚げ物を作っている会社がありま......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

携帯版のQRコード

アレルギーに関するお役立ち総合サイト アレルギー大辞典:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://allergyweb.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。