6.犬のアトピー

inu.jpg
家で飼っている犬の様子がちょっとおかしいなと思った経験はありますか?
身体の一部分を痒そうにかいていたり、肌質が少し赤っぽくかぶれていたり。
それはもしかしたらアトピーかもしれません。
人間と同じように犬もアレルギー性皮膚炎になってしまう事があるのです。

スポンサードリンク


●症状が出やすい部位
犬のアトピー症状が出やすい部位としては、
足の先腋の下お腹アシの付け根等が挙げられます。


●アトピー症状が出やすい犬種

代表的な犬種としては柴犬
シーズーゴールデンレトリバーラブラドールレトリバーダルメシアンテリア
などなどです。


●発症する年齢

3歳以下が約70%5歳以下が約85%です。

犬も人間と同じようにアレルギー体質の子がいます。
元々生まれつき皮膚が薄めだったり、脂質不足だったり、皮膚の表面がはがれやすかったりです。
そのような体質の犬はその弱った皮膚の部分からアレルゲンが体内に入り、
症状を発症しやすいのです。

発症してからは犬にとっても辛い状態となります。
痒みや痛みや炎症が起こるからです。
犬を少しでも楽にしてあげる為に、
そうした症状があらわれたらすぐに病院に連れて行ってあげるようにしましょう。

●処方される薬
病院に行き診察を受けたらお薬を処方されます。
痒みや痛みの原因となる炎症を抑える為に、塗り薬(ステロイド・抗ヒスタミン剤)が出されたり、体質自体を改善してしまおうという薬もあります。

●対策
医師の指示のもと、薬をきちんと使用するのは勿論ですが、
普段の生活でも気を付けなければいけない事が沢山あります。
まずはドライスキン対策
アトピーによって皮膚がカサカサの状態のままですと、
アレルゲンが侵入しやすくなってしまいます。
ですので乾燥した部分を保湿してあげるなどして、
皮膚のバリア機能を向上させてあげて下さい。
また、シャンプーも重要になってきます。
きちんとアトピー用のシャンプーがありますので、
そうしたものを使用してあげて下さいね。

また食生活も重要です。
アレルゲンが含まれていないものを食べさせてあげるようにしましょうね。

●低アレルゲンドッグフード取り扱い店(通販)
・PETLINE
・ファーストチョイス
・ケンコーコム
・リアルドッグフード
などなど。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

1.動物アレルギーとは
動物アレルギー、またはペットアレルギー等とも言いますが、 これは動物の毛や、糞、......
2.猫の場合
猫を触ったり撫でたりする事で、 何らかの症状が引き起こされるアレルギーの事を 「......
3.犬の場合
ここでは「犬アレルギー」についてご紹介していきたいと思います。 猫の項目でも述べ......
4.犬もアレルギーになります
近年、人間だけでなくペットの犬にまでアレルギー症状が多くなっている事をご存知です......
5.犬のアレルギー確認方法
飼っている犬が皮膚を痒がって掻いたり舐めたり、 またはその部分の皮膚が少し赤みを......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

携帯版のQRコード

アレルギーに関するお役立ち総合サイト アレルギー大辞典:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://allergyweb.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。