1.メカニズム

オシャレを楽しむ為にピアスの穴を開け、
いざ購入し装着してみたら、その部分がかぶれて酷い事になってしまった...
なんていう経験をした事がある方いますか?

スポンサードリンク


それを金属アレルギーと言います。

金属アレルギーとは、例えばピアスだけではなく、
ネックレス下着についている金具等でも起こり得ます。
これは「アレルギー性接触皮膚炎」と言い、
症状としては、金属が接触した部分に痒みを伴ったブツブツが出来たり
赤くなったりします。
最初は触れた部分だけに症状が起こりますが
次第に拡大して周辺の皮膚も同じような状態になってしまう事があります。

どうしてそうなるかと言いますと、
人の汗や体液で金属が溶けてイオン化し、
それが体の中に入り拒絶反応を起こしてしまうからなのです。
特にピアスは直接皮下組織に金属が触れます(穴が開いている為)
ですのでアレルギー反応を起こしやすいのです。

【反応を起こしやすい金属】

●ニッケル
●コバルト
●クロム
●亜鉛
●銅

【反応を起こしにくい金属】

●金
●銀
●プラチナ
●チタン

上記はそれぞれ反応が出やすいものと出にくいものです。
反応を起こしにくいものの中でもチタンは特にその傾向が強く
最近ではピアス売り場等に行くと、チタンを使用しているものがとても多いです。

このアレルギーは全ての人がなるという訳ではありませんが、
一度症状が出てしまった人は何度も反応を起こしてしまいます。
無理をして付け続けると、症状が広がるなどの心配がありますので、
アレルギー反応が出てしまったら、速やかに使用するのをストップしましょう。

また、金属は酸性に弱く汗や体液で溶けやすいという事から
汗っかきの人は反応が出やすいと言われています。

アレルギー体質の方は出来れば使用を控えた方が良いのですが、
やっぱりそれでもオシャレは楽しみたいですよね。
どうしてもアクセサリーを付けたい場合は
まず最初にパッチテスト等を行い、
自分がどの金属に反応してしまうのか調べてから購入すると良いと思います。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

2.対応ジュエリー
さてさて、引き続き金属アレルギーについて紹介していきます。 今回は金属が駄目な方......
3.歯医者も気を付けよう
歯医者さんでアレルギー反応? 嘘でしょー?なんて思う方もいるかもしれませんが、 ......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

携帯版のQRコード

アレルギーに関するお役立ち総合サイト アレルギー大辞典:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://allergyweb.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。