5.表示義務

現代では、国民の約3割が何らかのアレルギーを持っていると言われています。
その中の1割は食べ物によるアレルギー、

「食物アレルギー」
なのです。
和食中心だった日本の食文化は急速に変化し、
今では国内に居るにも関わらず、様々な国の料理を楽しむ事が出来ます。
勿論それは悪い事ばかりではありません。
しかしそうした食文化の変化により、
アレルギーを引き起こす要因とされるものを、
食べる機会が増えたのも事実です。

スポンサードリンク


食物アレルギーには『5大アレルゲン』というものが存在します。


●卵
●乳
●蕎麦
●小麦
●落花生

上記の5つが5大アレルゲンです。
何故そう呼ばれているのかと言うと、
この5つに過剰に反応してしまう体質の人が多いからです。
ショック状態に陥ってしまう事もあります。
この食材は2001年から表示が義務付けられています。
これらを含んだ食品は必ず表示しなければなりません。

そして2004年には


●バナナ
●海老
●鶏肉
●オレンジ

などの20品目の特定原材料の表示が推奨されました。

近頃では、このアレルギー表示を徹底しています!と言う事を強くアピールし、
食品の安全性に対して積極的に取り組んでいるお店もあります。
きちんと表示する事で、消費者も安心して購入する事が出来るのではないでしょうか。
ある食材がアレルゲンだという人にとっては命に関わる事ですから
とても大切な問題です。どのお店もどんどん取り組んでほしいと思います。

しかしこういった取り組みが増えるという事は
それだけアレルギー体質の人が増えているという事でもあるので、
そのあたりは少し複雑な気持ちにもなりますね。

食物アレルギー表示

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

1.卵アレルギー
卵アレルギーは食物アレルギーの中でも有名で 聞いた事があるという方も多いと思いま......
2.牛乳アレルギー
牛乳アレルギーは食物の3大アレルギーのひとつです。 このアレルギーの症状は ●下......
3.大人と子供の違い
食べ物によって起こるアレルギーの事を食物アレルギーと言います。 このアレルギーの......
4.アレルギーシール
皆さんはアレルギーシールというものを聞いた事がありますか? アレルギーシールとは......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

携帯版のQRコード

アレルギーに関するお役立ち総合サイト アレルギー大辞典:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://allergyweb.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。