3.小児喘息

●小児喘息とは...

スポンサードリンク


小児がかかる喘息の事です。
早い子では生後2ヶ月頃に喘息と診断される事もあり、
遅くとも小学校に入学する前には発症します。
頻繁に喘鳴(ヒューヒュー等)を繰り返す幼児は
小児喘息にそのまま移行するケースが高いと考えられています。
しかしほとんどの子が成長するにつれ症状が改善しそのまま治っていきます。

●症状・原因
主に喘鳴呼吸困難などです。
小児喘息の場合、
その9割がアレルギーが原因で発症すると考えられています。
ダニやハウスダストのアレルゲンが刺激となり
症状が出てしまうのです。
また、家族に喫煙者などがいる場合、発作を起こしやすいとも言われています。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

1.症状と原因
喘息は、気管支が敏感に反応してしまう事で発作が起きます。 特徴として喉がヒュー......
2.気管支喘息
●気管支喘息とは... 気管支喘息は、アレルギー反応や、細菌、ウイルス等で気管支......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

携帯版のQRコード

アレルギーに関するお役立ち総合サイト アレルギー大辞典:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://allergyweb.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。