4.IV型

他のアレルギーは液性免疫ですが、IV型アレルギーは細胞性免疫の感作T細胞によって起こるアレルギーです。

スポンサードリンク


抗原と特異的に反応した感作T細胞から、
マクロファージを活性化する因子などの様々な生理活性物質が遊離し、
周囲の組織傷害を起こします。
薬物アレルギー金属アレルギーなどで起きます。

リンパ球の集簇、増殖、活性化など細胞の活動によって引き起こされるため時間がかかり、
皮内反応の発赤、硬結などが現れるのに24時間から48時間かかります。
反応が遅いため遅延型過敏症と呼ばれます。

代表的な疾患は「ウルシかぶれ」などの接触性皮膚炎ツベルクリン反応移植免疫腫瘍免疫シェーグレン症候群感染アレルギー薬剤性肺炎ギラン・バレー症候群などです。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

1.Ⅰ型
■アレルギーは大きく分けてⅠ型からⅤ型に分類されます。 ここではその分類がどのよ......
2.II型
■続いてはⅡ型の説明をしたいと思います。 Ⅱ型アレルギーはまたの名を「細胞障害型......
3.III型
免疫複合体が原因によるアレルギーです。 アレルギーの傷害がでる部位により2種類の......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

携帯版のQRコード

アレルギーに関するお役立ち総合サイト アレルギー大辞典:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://allergyweb.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。