2.II型

■続いてはⅡ型の説明をしたいと思います。

スポンサードリンク


Ⅱ型アレルギーはまたの名を「細胞障害型アレルギー
と、言います。

皆さんは抗原抗体反応という言葉を知っているでしょうか?
これは私達が生きていく上で非常に大切な機能です。

私達は生活をしながら様々なものを体内に取り込んでいます。
そうした自然と体の中に侵入してくる異物の事を「抗原」と言います。
(アレルゲンもそうです)
その抗原を認識した時、体は「抗体」を作り
次にその異物が侵入してきた時に備えます。

そしてその状態の体にまた同じ抗原が侵入した時
抗体はその抗原と結合し、いち早くその抗原を体外に出そうとします。

■自動的に起こるこの体の反応機能の事を
抗原抗体反応、または免疫反応などと言います。

Ⅱ型アレルギーはこの抗原抗体反応が
自分の細胞におこってしまう
ものです。
簡単に言うと自分で自分の細胞を破壊してしまうんですね。

代表的な疾患には

●自己免疫性溶血性貧血
●円形脱毛症
●橋本病
●重症筋無力症
●悪性貧血
●リウマチ熱
●グッドパスチャ―症候群

等があります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

1.Ⅰ型
■アレルギーは大きく分けてⅠ型からⅤ型に分類されます。 ここではその分類がどのよ......
3.III型
免疫複合体が原因によるアレルギーです。 アレルギーの傷害がでる部位により2種類の......
4.IV型
他のアレルギーは液性免疫ですが、IV型アレルギーは細胞性免疫の感作T細胞によって......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

携帯版のQRコード

アレルギーに関するお役立ち総合サイト アレルギー大辞典:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://allergyweb.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。