7.アレルギー性体質の増加

■何らかのアレルギー性の疾患に罹っている人は、
日本では3人に1人と言われています。
3人に1人というのは...とても驚きの数字ですよね。
多いと思います。

スポンサードリンク


gendaisyakai4.jpg■都市部などは特に多いようで、
都市部に住んでいる若者の実に7割が花粉症の要素を持っているようです。
こんなに増加し始めたのは近年になってからであり、
10年程前は全くこのような状況ではなかったそうなんですね。
勿論以前からアレルギー体質の方はいました。
しかし発症している人が少なかったという事です。
近年さまざまなアレルゲン(アレルギーの原因物質)があらわれ始めたのをきっかけに、
発症率が高まったと言われています。

こうした状況を受け、アレルギーを専門に診る医師は、
「アレルギー性疾患の治療は薬で症状を抑える事よりも、
アレルギーの原因になっていうものを探り当て
その原因を排除し、症状を和らげていく事が何より大切だ」
と、言っています。

しかし、原因を探り当てて症状を緩和する事
口で言う程簡単な事ではありません。
専門医達は今現在もさまざまな角度からアレルギーを捉え、
研究に研究を重ねているのです。
アレルギー性の疾患は抗体遺伝の関係など、
人の数だけ症例があります。

アレルギー体質
の方が増加している現在、
こうした専門医の存在は本当に心強いですね。
勿論研究とは薬だけの事を言っているのではありませんよ。
環境問題の事や日々の食事生活リズム等、
本当に色々な観点から行っているのです。

少しでも症状が軽くなるような、
体質が改善出来るような、
そんな方法がひとつでも多く見つかる事を願っています。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

1.はじめに
■2月の中旬頃から4月の下旬頃まででしょうか。 沢山の人がマスクをして外出する......
2.免疫の話
■このサイトでも既に何度か述べていますが、 免疫の過剰反応=アレルギーです。 免......
3.体質のコントロール
■アレルギー体質の改善は、精神的なストレスなども重要だと言われています。 ではな......
4.アレルギーマーチ
■皆さんはアレルギー・マーチという言葉を聞いた事があるでしょうか? あまり馴染み......
5.ストレスとの関連性
■現代人は多くのストレスを抱えていると言われています。 様々なところでストレスに......
6.現代人とアレルギー
■今の時代、ほとんどの人が何らかのアレルギーに罹っていると言われています。 どう......
8.生活のリズム
■誰でも知っている事ですが一日は24時間です。 大人の生活のサイクルは約24時間......
9.発症してしまったら
あなたはアレルギーと診断されたらどうしますか? ■今の時代本当に多くの人々が何......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

携帯版のQRコード

アレルギーに関するお役立ち総合サイト アレルギー大辞典:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://allergyweb.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。