2.免疫の話

■このサイトでも既に何度か述べていますが、
免疫の過剰反応=アレルギーです。
免疫がアレルギーに深く関わっているという事は一目瞭然ですよね。
その「免疫」について、ここでは詳しくお話したいと思います。

スポンサードリンク


自然治癒力という言葉、
皆さんもお聞きになった事がありますよね。
簡単に言うと、あれが免疫です。
本来自分の中に最初からある細胞と、
どこか外から入ってきた細菌異物区別し、
その異物を攻撃したり排除したりする働きをします。
人が生きていく上で、絶対に必要な存在です。

この免疫には記憶するという能力があります。
例えば、家族や友人会社の人等がおたふく風邪になったりすると、
「俺は小さい頃おたふくになった事あるから大丈夫だ」とか
「おたふくなった事ある?大丈夫?」等と言う会話が繰り広げられますよね。
あれは、一度おたふくになると免疫が抗体を作ってくれて二度とおたふくにならないので、その事を確認しているという訳なのです。
外からの外敵を免疫が記憶し、
その外敵が入ってきた時には排除する
ように働くのです。

しかし全ての外敵を記憶出来るかというとそうではなく、
ある程度時間が経つと記憶を消失してしまう抗原等もあります。
そういったものの場合はまた同じ病になってしまうという事もあり得ますので
注意して下さいね。

免疫力は高ければ高いほど病気になりにくくなり
良いとされています。
免疫力が弱っている状態ですと
風邪をひいたり体調を崩したりしやすいとよく言いますよね。
私達が毎日元気よく暮らしていけるのも、
この免疫のおかげと言って全く過言ではありません。

ですが、免疫は良いところばかりという訳でもないのです。
例えば臓器移植をする場合など、
自分自身のものではない臓器を身体に入れますよね。
その時に免疫がその臓器を異物だと思ってしまい、
拒絶反応を起こしてしまったりする事もあるのです。

免疫アレルゲンだと判断してしまえば身体は自然と防御行動をとります。
その結果、蕁麻疹くしゃみ鼻水アトピー等が出てきてしまうんですね。

■少し話は変わりますが、
粉ミルクのような人工的な乳で育った赤ちゃんよりも、
母乳で育った赤ちゃんの方が強いと言われています。
これは何故かと言いますと、
母乳の中に菌やウイルスなどから守ってくれる
抗体が多く含まれているからなのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

1.はじめに
■2月の中旬頃から4月の下旬頃まででしょうか。 沢山の人がマスクをして外出する......
3.体質のコントロール
■アレルギー体質の改善は、精神的なストレスなども重要だと言われています。 ではな......
4.アレルギーマーチ
■皆さんはアレルギー・マーチという言葉を聞いた事があるでしょうか? あまり馴染み......
5.ストレスとの関連性
■現代人は多くのストレスを抱えていると言われています。 様々なところでストレスに......
6.現代人とアレルギー
■今の時代、ほとんどの人が何らかのアレルギーに罹っていると言われています。 どう......
7.アレルギー性体質の増加
■何らかのアレルギー性の疾患に罹っている人は、 日本では3人に1人と言われていま......
8.生活のリズム
■誰でも知っている事ですが一日は24時間です。 大人の生活のサイクルは約24時間......
9.発症してしまったら
あなたはアレルギーと診断されたらどうしますか? ■今の時代本当に多くの人々が何......

▲このページのトップへ

HOME

●広告掲載ご希望の方へ

携帯版のQRコード

アレルギーに関するお役立ち総合サイト アレルギー大辞典:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://allergyweb.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。